現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ご利用ガイド

お支払・送料について

お買い上げ7000円で送料無料

深山のものづくり
miyama
時間と人の手を伝わり生まれるうつわ

「時間と人の手を伝わり生まれるうつわ」

工場の裏手に流れる小里川(おりがわ)。
そのほとりで、1846 年(弘化三年)に当時、国内でもほとんど使われていない 銅版絵付けに果敢に挑戦したやきもの「里泉焼」が存在していました。 現在では耳にする事のない、そのやきものが生まれた地で、その精神を受け継ぎ1977 年 深山は誕生しました。
鋳込み成型と呼ばれる、泥状にとかした白磁土を石膏型に流し込み、その石膏が泥の水分を吸収する事で硬化し、形を生み出すこの技法は、型という響きからは想像できないほど多くの人の手を渡り器となります。

“Tableware created through time andhuman hands.”

Back in the middle of nineteenth century in Ori Inatsu cho, Mizunami-city in Gifu prefecture, the ceramic ware called “Risen-yaki” was created and it was the first challenge in the country to try ceramics painting by using copper plate. Miyama was born in this place in 1977, inheriting the art and spirit developed in this area.
Our tableware is created by the technique called “casting”, which forms porcelain with plaster mold. This technique involves many people’s skill in creating tableware.

素材をうつくしく仕上る

「素材をうつくしく仕上る」

素材を美しく仕上ること。白磁であれば、その本来の白さを引き出すこと。それは意匠のはなしだけではなく、性質を高める事にも つながります。深山の白磁はガラス質の多い磁器土を 1340 度で 焼き上げます。 不純物を焼切るまで高温で焼き上げられた土と釉薬は、 融け合い、ガラス化し、淡く透けるような光沢を生み出し、 そして、それ同時に洗いやすく、汚れにくい素材となり、 道具として長く使って頂く事が可能となりますものづくりを突き詰めることで、美しさと機能性が互いに高まる。用の美のうつわ。

“Beautifully finish material.”

Finishing material beautifully.For white porcelain, it is important to draw its original whiteness, which will lead us to improve its quality as well. Miyama’s white porcelain is created by firing porcelain clay which is rich in glass component at 1340 degrees. By firing in a high-temperature oven, the clay and glaze get harmonized, vitrified and create translucent luster on its surface, and it becomes an easy-to-wash and stain-resistant material at the same time. It will grow to be more functional and aesthetically pleasing through this process. Tableware with the beauty of utility.

うつくしいうつわ

「うつくしいうつわ」

うつくしいうつわとは私たちのものづくりの思いです。平仮名を生み出した日本人の美意識のように、受け継がれたものを大切に、しかし、あくまで器として現代の暮らしのための道具を生み出す。使う人の喜びのために、人が暮らしてきた時間にきちんと向き合い、その思いと共に歩み、そして、丁寧にものを作り続ける。それを想い続けることが私たちのものづくりです。

“Beautiful tableware”

Beautiful tableware is our spirit for manufacturing. We have inherited and respected the esthetics of traditional Japanese who created HIRAGANA (Japanese syllabary characters) and will form this consciousness into the design of tableware suitable for our contemporary lifestyle. Our expectations are placed on this tableware which can help people to use our tableware for fun so that we carry on our manufacturing tradition and live with both of them for the future.

かつて世界有数であった磁器の生産地

「かつて世界有数であった磁器の生産地」

岐阜県東部の多治見市、土岐市、瑞浪市を主産地とする美濃焼。その中で瑞浪市は昭和二十~四十年代にかけては世界中にディナ―ウェアを発信してきた磁器の一大産地でした。その後、為替環境の変化などで、その主たる販売地域を失う中、深山では、地域に集積した「白磁をうつくしく焼き上げる焼成技術」と「繊細な形状を作り上げる成型の技術」をもって、新たなものづくりに挑戦してきました。かつて世界有数の磁器の生産地であるからこそ培われた最良の技術を現代の暮らしのための器づくりに生かす。地域と共に歩むことで、技術を暮らしに繋げることが可能となります。

“Former world’s leading producer of porcelain ware”

Mino-yaki is mainly produced in the cities of Tajimi, Toki and Mizunami, which are located in the east of Gifu. Among these cities, Mizunami used to be the world’s leading producer of porcelain, which had been providing the world with dinner tableware from mid-40’s to mid-60’s. We have developed the ceramic products by integrating the world’s best technology accumulated in this porcelain production area with the current trend. Miyama has continued to challenge ourselves to new manufacturing, utilizing our “white porcelain firing technology” and “high molding technique” accumulated in this area.We believe that we can connect the technology with human life by making progress together with ourcommunity.

miyama