深山の仕様
miyama

■寸法・容量の表記について:各アイテムの寸法は下図w.d.hの順に記載しております。
 about size

※全ての寸法は土や焼成の状態により、多少変化を致します。表記数値はおおよそのご参考として、ご確認ください。

※高さ(h)は基本的には製品の全高ですが、ツルが折りたためる土瓶の場合はツルを除いた高さを記載しています。
※容量(cc)はその製品毎にほど良い使用量(約8割)を目安として記載しております。
※急須、ポット、土瓶類は全部市販茶漉しついてあります。

■寸法展開について:定番となる皿鉢は次のような用途をイメージし寸法を設定しています。
 about items

● 25cm〜(大皿、dinner plate、meat plate)

家庭では4〜5人分の料理を、レストランではメインディッシュを盛ります。
カフェでは様々な料理を盛りcafeプレートとして使用されます。

● 21〜24cm(中皿、meat plate、dessert plate)

ハンバーグなど一人用のおかずを盛るのに良いサイズ。
複数のデザート盛りや、深みがあればカレーやパスタもこのサイズで。

● 17〜20cm(中皿、cake plate)

目玉焼や焼き魚にポテトサラダなど朝食のおかずに良いサイズです。
お茶の時間のケーキ皿としてもお使いいただけます。

● 14〜16cm(取皿、銘々皿、bread plate)

大鉢などからそれぞれが取り分ける取皿として使えるサイズ。
レストランではパン用のお皿としてもお使いいただけます。

● 〜13cm(小皿、手塩皿、豆皿、small dish)

お漬物などの副菜やしょう油などの調味料用のお皿として、
お茶請けの和菓子やチョコレートの器としても最適です。

●22cm〜(大鉢)

4〜5人分のお惣菜やパスタなどがたっぷり盛りつけられるサイズ。
食卓のメインとなるアイテムです。

● 17〜21cm(盛鉢)

2〜3人分のおかずを盛り付けるのにちょうど良いサイズ。
適切な深みであれば一人用のカレーライスやパスタ、麺類もこの器で。

● 14〜16cm(中鉢、salad bowl)

肉じゃがやサラダなど一人分の料理に適したサイズ。
少し深めの鉢であれば、丼ものにもお使いいただけます。

● 〜13cm(小鉢、取鉢)

お漬物からお惣菜まで一人用の副菜の器としてお使いいただけます。
お鍋のときの取り分け用にもこのサイズを。

■素材について
 about material

白磁土 white porcelain

深山の製品は全てガラス質の含有率の高い白磁土で製造され、1250度(酸化)または1340度(還元)で焼成します。そのため、生地自体がガラス化をして、白さや透光性という見た目だけでなく、その構造自体も堅く、且つ表面も滑らかで、長く清潔にお使いいただける道具となります。

■釉薬・絵付について
 glaze/painting

白磁釉 white RF glaze

滑らかな光沢と高い透光性を持つ基本で主力の釉薬です。白磁土と同様にガラス質の多いこの釉薬を1340度にて還元焼成し、土・釉薬ともに焼結するまで焼き上げます。どのような料理も受け入れる全ての基礎となる白さです。

カラー釉 color glaze

赤、ピンク、青など顔料により様々な色を表現する釉薬です。その色との相性に合わせ、1250度又は1340度で焼成します。

窯変釉 yo-hen glaze

コバルトやチタンなど金属鉱物を焼成により化学変化させ、独自の風合いを生み出す釉薬で、窯の焼き位置や微妙な温度変化で一点一点が少しずつ表情が異なるのが味わいの釉薬です。

絵付 painting

手描きによる下絵付(en,fulico)、銅版転写による下絵付(瀬縞、ieなど)、転写による上絵付(fucube)やイングレーズ絵付(七福、鼎)など、その絵柄がいきる適切な手法で絵付けを行います。

■茶器の部材について
 about teaware

ポット

土瓶

籐ツル、ストレーナー

全ての茶器(ポット、土瓶、急須)で金属製ストレーナー(茶こし)の使用が可能です。また、土瓶タイプには籐製のツルがつきます。ストレーナーと籐製ツルは、いずれも電子レンジや食器洗浄機ではご使用できませんので、その際は都度、取り外してご利用ください。また、使用中に破損された場合は、有償にてご対応致します。
お気軽にお問い合わせください。

■ご使用上の注意
 precautions for use

  • 初めてのお使いの際には、必ず水かぬるま湯で洗ってからお使いください。
  • 食器洗浄機はお使いいただけますが、詰め込み過ぎは破損の原因となります。機器の注意事項に沿ってお使いください。
  • 電子レンジは必ず食材を入れてお使いください。何も入れず使用すると破損の原因となります。
  • 電子レンジでの加熱後すぐに水に浸すなど、急冷や急熱の状態は割れやすくなるためお控えください。
  • オーブンや直火ではお使いいただけません。
  • 研磨剤、研磨剤入洗剤、金属たわし等を使用すると、表面に傷がつく恐れがある為、使用を避け柔らかいスポンジで洗ってください。
  • ひびや亀裂が入った時は安全のためにご使用をおやめください。
miyama