café・飲食店様向 / 深山食器店-白磁の窯元miyamaで作る暮らしの道具の器

☆今月の月々特集は『TOTTE-PLATE) 取っ手があると、とってもいい。』世界が注目する人気デザイナーの佐藤オオキさんのデザインオフィス“nendo”さんとのものづくりから生まれた、【取っ手】のある器。

☆6月16日(日)は父の日です。【 suuun(サーン)】 しっとりした磁器肌に太陽を思わせる釉薬柄のうつわ。晴れやかな日々をお父さんに。

café・飲食店様向

1977年、深山は鋳込みの専業メーカーとして,当時、世界中のディナーウェアを製造していた磁器の一大生産地「岐阜県瑞浪市」に誕生しました。
連綿と地域に受け継がれた磁器を精緻に作り上げる成型の技術、透き通るような白磁を生み出す焼成技術。
ただ料理を美しく支えるためだけに、美しい白磁を追い求めた歴史・技術・人材。
その系譜に存在する美しい現代の器を生み出す。