釉薬銅版絵付のうつわ / 深山食器店-白磁の窯元miyamaで作る暮らしの道具の器

【価格改定のご案内】深山食器店では2月1日より価格改定をさせて頂きます。そのため1月31日をお休みとします。何卒ご理解お願い致します。

☆(英語でのお問い合わせは) Dear Valued Customer, Domestic Delivery Service is available for your tableware need. Should you require any further assistance, do not hesitate to contact【←click here!】 us.

釉薬銅版絵付のうつわ

弘化三年(1846年)、土岐郡稲津村にて(現瑞浪市稲津町)日本初の銅板転写の開発に挑んだ「里泉焼」。現在その場所に深山の工場はあります。地域で生まれた技法を受け継ぎ、新たな質感を持って生み出した「釉薬銅板転写」による絵付けの器たち。
sasasaシリーズは2010年GoodDesign賞受賞。