12月特集

-宴のための、盛り皿と取皿-
PLATES for Christmas & Happy new year !

クリスマスから新年のお祝いへつながる年の瀬のたくさんの宴。
暖かなお家での宴は、家族や友人とすごす大切な時間です。
料理を際立たせる盛り付け皿にこだわり。
機能と遊び心で取皿を選ぶ。
宴を楽しむための器のご紹介です。

PLATES for Christmas

クリスマスの夜の楽しくて特別な料理。
カリカリに焼きあがったローストチキンには、同じく焼くことで味わいが生まれる「白窯変釉」と呼ばれる特徴的な質感のだ円の大皿がぴったり!
取り分けるお皿には、グッドデザイン賞受賞のフォークやお箸などカトラリーも置ける取皿サイズの仕切り皿が機能的!

迎春のうつわ

華やかでおめでたい「おせち」の品々。
縁起の良い由来をもった色とりどり小品を支えるのは、まるで鉄の様な「鉄黒釉」をまとった木瓜の形を模した大皿。
取り分けるお皿には、「富士山」や「七宝」など和の意匠を組込んだ、口元もほころぶ楽しい形の3つ仕切り皿を。

掲載のうつわと其の他のサイズはこちらから

コラム

クリスマスや迎春について、“器”という視点で考えるということを、これまではしたことがなかったという事に、改めて気づかされました。
他にはない特別な質感をもつ器は、華やかな料理が並ぶ中でこそ活き活きとした魅力を発揮するように感じました。

地元を離れ一人暮らしをしている今だからこそ、年末年始に家族と過ごす時間の大切さは重みを増し、今年はこの器で、毎年食べる普段とは違う料理を楽しみたいと考えています。

(河又)

Back to Top