● 10月特集

ゲストをもてなすHorecaのうつわ

川昌ノ青白磁ノ器

愛知県瀬戸市で青白磁の器づくりを行った窯元『川昌製陶所』。
3年前に窯の火を落としたこの窯元の器を素材や技術が近しい深山にて復刻。
料理や空間と調和する食の時間の一部となる青白磁の器です。

窯変釉ノ器

窯の火により風合いが変化する事を『窯変(ようへん)』と呼びます。
元来は和食器に使われるその風合いを洋食器の器に施した和洋折衷の器です。

●あわせてよく見られているうつわはこちらから

バックナンバー

Back to Top