8月特集

お盆に夏休み。みんなが集まる8月はうつわでテーブルを彩り豊かに

夏休みやお盆。人が集まる機会も多くなるこの時期。
幼稚園のお友達と一緒にママたちも集まったら、お気に入りのバゲットを器に並べ、
パスタをボウルに盛付けて、にぎやかなランチタイムを。
久しぶりの親戚とは、ちらし寿司を食べつつ思い出話に花を咲かせ。
今年の夏はどこに行こうか?家族で旅の計画を立てながら食べる冷やし中華。
色んなみんなの食卓を会話と共に彩るカラフルな器のご紹介です。

tamatsubaki(玉椿)

ふっくらとした花びらの柔らかな形と豊かで鮮やかな色彩。
椿をモチーフとした、深みが異なる二つの鉢と小さな蜜入れからなる甘味の器。

ついに棚から取り出したかき氷機で一気に削り、蜜をかけ、ポンと梅を乗せたシンプルなかき氷。
ポン、ポン、ポンっと盛付けた手作りのジェラート。
暑さが盛りのこの季節に、ついつい手が伸びる夏のデザート。
そんな冷たい甘味を、美味しく美しく楽しむための器です。
生命力いっぱいの夏の太陽のような赤釉と、深々と降り積もる雪のような白磁釉の二色あります。

掲載のうつわはこちらから

haku

食卓を彩る4色のうつわ。
透き通るほど白い定番の「白磁」、爽やかで心に馴染む「オパールグリーン」、華やかだけど落ち着いた「コーラルピンク」、温かみのある「キャメル」。
柔らかいレリーフと色合いが調和した軽やかな日常使いの道具です。
肉じゃがをボウルに盛り付け、110ccカップを煎茶碗や茶碗蒸しのうつわとして和の食卓に。
パスタボウルにオムライスを盛り、サラダを添えて洋の食卓に。
色とりどりの17cmプレートは和でも洋でも取皿として。
今日は何色の器を使おう。どんな料理を盛りつけよう。考えていると楽しくなる。
毎日の食事を色とりどりのうつわでお楽しみください。

掲載のうつわはこちらから
掲載のうつわと其の他のサイズはこちらから

コラム

器と記憶。

何かを思い出すとき。街を歩いていて、ふとその匂いに過去の記憶がよみがえったり、また季節を感じたり。

祖父の家には青い線で馬が描かれた大きな器があって、今でも、それに似た器を見かけると祖父の家で過ごした情景を思い出します。
普段はあまり意識しないけれど、目で見ている景色や人や物には、その場所・人・物との経験が含まれているもので、例えば、同じ器を見ても、ボクが見ているものと、隣で見ている人とでは、実は全く同じではないのかもしれません。

器を通して得られる関わりの中で、素敵な思い出が増えていく。
その中で自分にできることは何だろう。
今回の特集は、そんなことを考えるきっかけになりました。

(河又)

Back to Top