【暮らしの器特集】‐コーヒーの器‐

気持ちに寄り添う5種のカップ&ソーサーとマグカップ

赤く熟したチェリーのようなその果実から想像する事の出来ない、黒く深く香り高いもの。
熱い国で生まれ、焙煎され、粉砕され、抽出される。
その工程を経ることで、この果実がコーヒーとなります。

小さなころは苦くて飲めなかったものが、いつの間にかなくてはならない存在となる。
仕事の合間に飲むコーヒーはいっぷくの清涼剤に。
何もない休日の午後のコーヒーは山の空気のような心地よさを。
大切な人とカフェで楽しむコーヒーには、なぜか甘さを感じてしまう。

様々な時に、様々な場所で、様々に味わう。
たくさんの表情をみせるコーヒーの、その一部と調和する5種類のmiyama.のコーヒーの器のご紹介です。

【miyama's コーヒーカップ&ソーサー】ゲストを扉の隙間からのぞく子供たちのようなカップ&ソーサー

迎える思いを携えながら、ワクワクしてしまう。

お家のスタイルを表す、少しずつ個性のあるカップ&ソーサー

コーヒーの器特集ご覧頂きありがとうございました。

(あとがき)

コーヒーとパスタ。
コーヒーとオムライス。
コーヒーと舌平目のムニエル。
コーヒーとたまごどんぶり。

今更ながらですが、コーヒーはごはんとの相性が悪い。
食後に飲むので気づきにくいですが相性が悪い。

いやそんなことは無い、パンとは相性が良い?
家での朝食は確かにパンとコーヒーの時はあります。
喫茶店でのモーニングの時にもトーストとコーヒーを飲みます。
でも、ホテルでのバイキング形式の朝食の時、最初からコーヒーは取らず。
まずフルーツジュースやミルクでパンを食べます(きっと個体差があります)。

そんなにごはんと相性が悪いコーヒーだけど、コーヒーでなくてはならない時も数多あります。

目覚めたとき、移動するとき、働くとき、本を読むとき、なんとなくすごすとき・・・
食事をした後。
全部何かのついでです。

何でしょう?
コーヒーは究極の添え物に思えてきました。

年を経るにつれて、ただただコーヒーを飲みたいときも確かに増えてきました。
その時に、ほんとに望んでいるのはコーヒーなのか、寛ぎの記憶なのか。

やっぱりコーヒーは何かの添え物かもしれません。
何の添え物かと問われれば
「人生」の

・・・・・・・・・


最後までご覧頂いてありがとうございました。

バックナンバー

【暮らしの器特集】‐コーヒーの器‐

気持ちに寄り添う5種のカップ&ソーサーとマグカップ

【暮らしの器特集-贈りもの-】

想いが伝わる、暮らしの道具の贈りもの

【季節の器特集】-新生活のうつわ-

定番の器揃え! 必須アイテム! 機能的な道具たち!

【父の日特集】

趣味の時間に、上質な器を

贈りもののうつわ【母の日】特集

花を選ぶ。 器を見立てる。 母に贈る。

【季節の器特集-夏‐】

涼を感じる夏のおうち時間の器たち

2020年1月特集

桔梗のうつわ

2019年11月特集

happy season, happy plate

Back to Top