8月特集

そばちょこで、そうめん、冷茶、アイスクリーム

氷水に浮かぶ細いめんが、のどをスルスルと流れていく。
夏の昼ごはんの定番、そしてヘビーローテーション・・・『そうめん』

そんな手軽なそうめんを、毎日、美味しく頂くために、つゆもちょっとひと工夫!
トマトだれ、ごまだれ、めんつゆに梅やすだちで風味を添えると、
いつものそうめんが洋風や中華、純和風に様変わり。

つゆと一緒にそばちょこ変えて、雰囲気も一緒に様変わり。

手軽に美味しく、夏のごはんのご案内。

janome (ジャノメ)

そばつゆを入れる器なので『そばちょこ』。
使い方がそのまま名前になっているこの器ですが、
その、手のひらのおさまる丁度良い大きさから、
お茶やコーヒーのカップとして、
アイスクリームやフルーツのデザートボウルとして、
おかずや珍味の小鉢としても、
思いついたまま食卓にあがる器となりました。

刺子やステッチをモチーフにしたパターン。
草花や雪の結晶などの四季をモチーフとした文様。
やきものの定番、錆や呉須による縞模様。
とろりとした桃・青・緑の色彩。
選ぶのも楽しい色んな柄が13種類あります。

suzune (すずね)

細かな縦筋の線刻が淡い濃淡をもたらす、長く愛されたやきものの伝統的な形『輪花(りんか)』をモチーフとした現代的な和食器

ほどよい深みの麺鉢にそうめんを、手塩皿へは薬味を。
小どんぶりにはサクサクの天丼や土用丑の鰻丼を。

光が柔らかく透け、料理が映える白磁の器。
涼やかな食卓を演出する緑青磁の器。

青く澄んだ、晴れ渡る夏空のように、
季節の趣を感じる爽やかな器たちです。

掲載のうつわと其の他のサイズはこちらから

Back to Top